The Synergy Live2003を終えて vol-2 (8月11日配信)



♪====================================================♪

このメールは、鯉沼ミュージックのウェブサイトでメール会員
に登録されているお客様、及び音楽関係者にお送りしておりま
す。

今後一切、鯉沼ミュージックからのメール配信をご希望になら
ないお客様は、大変お手数ですが、
mailto:magazine@koinumamusic.com
までその旨ご連絡下さい。

♪====================================================♪





The Synergy Live2003を終えて。(vol-2)
                        鯉沼利成





■CDからは想像も出来ないステージでの演奏。


通常、僕がコンサートを企画する場合、必ずと言っていいほ
ど、そのアーティストのコンサートを見てから決めます。
自分の目と耳を納得させるアーティストでないと、コンサート
の企画は出来ません。
CDにパッケージされた音楽と、コンサートで聞く生の音楽は
全く違ったものだからです。
ところが、今回、僕は初めてCDの音源だけで人選しました。
ヨーロッパ中からアーティストを選ぶために何カ国も回る時間
も経費もありませんでしたので、何十枚ものCDを聞き、自分
の耳を頼りに選んだわけです。
実際に、目の前のステージで見た彼らは、予想通りに素晴らし
いパフォーマンスを展開してくれました。
特に、マリア・ジョアン、ジャン=ミッシェル・ピルク、そし
てE.S.T.は、CDで僕がイメージしていた以上のインパクトの強
いパフォーマンスを見せてくれました。
今回は、The Synergy Live2003をご覧になったお客さまか
ら頂いたメールをご紹介します。


・お客さまからのレスポンス・メール

http://www.koinumamusic.com/concert/synergy/fromaudience.html



■環境に恵まれたヨーロッパの演奏家たち。


The Synergy Live2003のステージを見て、僕がとても強烈
に感じたことが一つあります。
それは、アメリカの若手ジャズ・ミュージシャンたちは可哀想
だということです。アメリカという国の環境が良くないからで
す。
ジャズはアメリカで生まれ育った音楽ですから、過去の歴史や
実績を背負っています。アームストロングから始まり、パー
カー、マイルス、コルトレーン。多くの巨人たちの残した偉業
があります。又、親子そろってミュージシャンということも珍
しいことではありません。
そういう環境の中で、しきたりや伝統という重荷にしばられて
いるアメリカの若手ジャズ・ミュージシャンが、自分の音楽
や、自分たち独自のサウンドを創りあげるのは不可能に近いこ
とです。のびのびと、自分の演奏が出来ないからです。
それに比べると、ヨーロッパのミュージシャンたちの場合、生
まれた時から耳に入るのがクラシック。音楽の基礎的な勉強も
クラシック。常にクラシックが音楽の中心にあります。
ジャズを演奏するのはヨーロッパでは異端ということなんで
す。
その上、ヨーロッパには様々な国から色んな音楽が流れて来ま
す。そういう恵まれた環境に囲まれて育つのですから、何の制
約もこだわりもなく、自由に自分のジャズを追究し、個性を発
揮した自分だけのジャズを育てることが出来るのです。
今回来日した6グループが、それを見事に証明しています。ど
のグループも独自のアプローチを持ち、異なった響きを持って
いました。
彼らの演奏を見聞きすることにより、日本の音楽関係者も、い
つまでもアメリカのジャズを分母にしてジャズを判断していて
はいけない、ということを強く感じました。
ヨーロッパという土壌が育んだジャズを素直に聞く耳を持たな
くてはいけないと、つくづく感じました。

次回は8月18日の配信を予定しております。



♪====================================================♪

ご連絡、お問合わせなどは
mailto:magazine@koinumamusic.com
までお願いします。

又、お送り頂いたご意見、ご感想などは今後このメール通信で
ご紹介させて頂く場合がありますので、ハンドルネームを明記
下さい。
尚、そういった紹介をご希望にならない場合、その旨お書き添
え下さい。



♪発行:鯉沼ミュージック (担当:江森)

http://www.koinumamusic.com

mailto:magazine@koinumamusic.com



♪企画協力:ピンポイント

http://www.pinpoint.ne.jp



♪お問い合わせ、ご感想、ご意見お待ちしております。

mailto:magazine@koinumamusic.com



♪メール配信停止

mailto:magazine@koinumamusic.com