【鯉沼's Special・vol-27】(04月28日発信)


<ザ・シナジー・ライブ>

4月最後の【鯉沼's Special】です。
いよいよゴールデン・ウィーク突入ですが、
イラク戦争やSARSの影響で海外渡航者数が激減しています。
ゆったりと自宅で音楽を聞いて過す連休もいいかもしれませんね。

昨日からThe Synergy Live2003大阪公演のチケットが発売とな
りました。
E.S.T(エスビヨン・スヴェンソン・トリオ)とナタリー・ロリエが
出演します。
関西方面の方は、お忘れのないように。

また、東京新宿のタワーレコードでは、4月26日よりラック上部
で、The Synergy Live2003関連作品のディスプレイが始まって
いるとのことです。
恐らく試聴機でも演奏が聞けるはずですので、お立ちより下さい。

試聴と言えば、レコード会社各社からぞくぞくと来日記念盤が発売
となるに従って、各社のホームページでも演奏が聞けるようになり
ましたのでご案内します。
今週ご紹介するのは、ユニバーサル・ミュージックさんのトリオ・
トウケアットとマリア・ジョアンのページです。
彼らの音楽をゆっくりとご賞味下さい。

・トリオ・トウケアット
http://www.universal-music.co.jp/jazz/artist/trio_toykeat/index.html
・ マリア・ジョアン&マリオ・ラジーニャ
http://www.universal-music.co.jp/jazz/artist/maria_joao/index.html

最後にメディア情報です。
ラジオ短波系の「テイスト・オブ・ジャズ」でThe Synergy
Live2003特集が放送されます。
番組には鯉沼社長自らも出演して、今回のイベントについて熱く
語っています。

・BSC-301chカルチャーチャンネル
                         5/3 22:00−22:30
                         5/4 21:00−21:30
・デジタルたんぱ 5/4 21:00−21:30
・ラジオたんぱ    5/5 19:00−19:30


The Synergy Live2003に対するみなさまからのご質問、
ご意見、ご感想など、お待ちしておりますので、どんどんお寄せ下さい。
宛先はここです。
magazine@koinumamusic.com
では、次号もまたお会いしましょう。
The Synergy Live2003のご案内はタクオでした。


<ビル・フリゼール&ジ・インターコンチネンタルズ>
 ビル・フリゼール〜ジ・インターコンチネンタルズ通信も今回が
最後です。待ちに待った日本公演は、しあさってに迫ってきました。
 先週お伝えしたように、明日4月29日 (火) 午後3時からHMV
新宿SOUTH (新宿タカシマヤ12階) で、ビル・フリゼールとグ
レッグ・リーズのデュオによるインストア・ライヴが行なわれる予
定。来場すればどなたでも見ることができ、そこでCDを買った方
は握手やサインがしてもらえる (予定) そうですが、なにせ本国ア
メリカでもほんの数回あっただけの二人のギターの対話=デュオ公
演。それが見られるのは貴重です、ラッキーです。お時間のある方
はぜひ足を運んで下さい。
 また4月29日はヴィニシウス・カントゥアリア52歳の誕生日、
日本で迎える誕生日が素敵な日になるように祈るばかりです。ヴィ
ニシウスとビル、同年の二人はジ・インターコンチネンタルズの他
にも近々共演予定があり、ビルが音楽監督を務めるドイツのアー
ト・フェスティヴァル (2003〜2004年にかけて開催) の音楽プロ
ジェクト/コンサート (全10プログラム×各2公演=全20コン
サート) の最初のプログラムで5月末、“マーク・リボー、ヴィニ
シウス・カントゥアリア、ビル・フリゼール&フレンズ”で演奏す
ることになっているようです。
 そして、5月1日 (木) が6人編成のジ・インターコンチネンタ
ルズの世界初演!
 彼らのパフォーマンスに触れれば、忘れがたいゴールデン・
ウィークになるでしょう。いくつもの文化が出会い繰り広げられる
音楽は、どこか懐かしいのにまだ行ったことのないところへ連れて
いってくれるに違いないのですから。
 コンサートはサントリーホール 大ホール、午後6時開場/7時
開演です。当日券は午後5時より入口右側の窓口にて販売致します。


次回は5月6日配信予定です。