【鯉沼's Special・vol-26】(04月21日発信)


<ザ・シナジー・ライブ2003>

小雨まじりで、ちょっと肌寒い東京ですが、
いかがお過ごしでしょう。

いよいよ、The Synergy Live2003出演アーティストたちのCDの
発売が今日から軒並み始まります。
今月中に発売されるのは、この8枚のアルバムです。

4月21日発売
・「シンクロニシティ/石井彰」
  イーストワークスエンターテインメント(EWCD-0057)
  2190(税別)

4月23日発売
・「ファー・アウト/アントニオ・ファラオ」
  カルチュア・パブリッシャーズ(CPC8-5152)

・「フロム・ガガーリンズ・ポイント・オブ・ビュー/
  エスビョルン・スヴェンソン・トリオ=e.s.t」
  ソニーミュージック(SICP-348)2,500(税込み)

・「グッド・モーニング・スージー・ソーホー/
  エスビョルン・スヴェンソン・トリオ=e.s.t」
  ソニーミュージック(SICP-349)2,520(税込み)

・「カーディナル・ポインツ/ジャン=ミッシェル・ピルク」
  ビデオアーツ・ミュージック(VACR-2059)
  2,548(税込み)

・「キューダス/トリオ・トウケアット」
  ユニバーサルミュージック(UCCM-1046)2,548(税込み)

・「アンダーカヴァーズ/マリア・ジョアン&マリオ・
  ラジーニャ」ユニバーサルミュージック(UCCM-1047)
  2,548(税込み)

4月30日発売
・「サイレント・スプリング/ナタリー・ロリエ」
  ガッツ・プロダクション(GRPY001-2)2,500(税込み)


この8作品が出揃う4月30日から、
タワーレコード新宿店9階ジャズコーナーのCDラックの上のス
ペースでは、The Synergy Live2003が終了する6月末まで約2ヶ
月間、シナジーライブのディスプレイが設置される予定ですので、
お近くにお寄りの際はぜひご注目下さい。

The Synergy Live2003に対するみなさまからのご質問、ご意
見、ご感想など、お待ちしておりますので、どんどんお寄せ下さい。
宛先はここです。
magazine@koinumamusic.com
では、次号もまたお会いしましょう。
The Synergy Live2003のご案内はタクオでした。


<ビル・フリゼール>
 前回、ビル・フリゼール〜ジ・インターコンチネンタルズ関連記
事が掲載された雑誌等を紹介しましたが、ここにまた二つ追加。先
週末に出たラティーナ5月号 (メンバー等に詳しく触れた記事) と
ミュージック・マガジン5月号 (フリゼールとは20年近いつきあい
のプロデューサー、リー・タンゼントのインタヴュー) にも、それ
ぞれ2ページに渡ってジ・インターコンチネンタルズのサウンドが
読める記事が掲載されました。また4月9日のジャパン・タイムズ
(英字新聞) にもフリゼールのインタヴューが掲載されたようです。

 それからビッグ・ニュース!!!
 4月29日 (火) 午後3時からHMV新宿SOUTH (新宿タカシマヤ
12階) で、ビル・フリゼールのインストア・ライヴが行なわれま
す。当日のパフォーマンスはフリゼールとグレッグ・リーズとの
デュオの予定。来場すればどなたでも見ることができ、そこでCD
を買った方は握手やサインがしてもらえる (予定) そうです。
 ビル・フリゼールとグレッグ・リーズはお互いにあい通じるもの
を感じている仲で、昨年の春には数公演ながら米国内ではデュオ公
演をやったほど。もちろんジ・インターコンチネンタルズとは異な
るものですが、二人だけのギターの対話はどんなふうか、そこでし
か聴けないこれまた貴重な時間になることは間違いなく、とても楽
しみです。フリゼールがリーズに捧げて書いた<Greg Leisz>
(『ブルース・ドリーム』に収録) の演奏も聴けたりしたら、それも
素敵ですよね。
 そして二人のインストア・ライヴの二日後、5月1日 (水) が6
人編成での本公演。ジ・インターコンチネンタルズ世界初演まで、
あと10日です!


次回は4月28日配信予定です。