【鯉沼's Special・vol-12】(01月14日発信)



<ザ・シナジー・ライブ2003>

もう、そろそろ仕事もフル回転し始めている頃ですね。
The Synergy Live2003のスタッフも、
それぞれの持ち分をさくさくとすすめています。

今回は、来日する6組のアーティストたちのCDについてお伝え
しましょう。
彼らはみな、本国はもとよりヨーロッパではお墨付きの人気と
実力を誇っていますので、
各グループとも今までに何枚ものCDを発売しています。
ところが、それらのCDのほとんどが日本では輸入盤としてし
か発売されていないので、
なかなか聞くチャンスがないのが現状です。

そこで我々スタッフは、
各レコード会社のジャズ担当の方々に、
The Synergy Live2003の開催をお伝えして、
この機会に、かれらのCDを日本で発売することを検討して
頂きました。

その結果、6社から8枚のアルバムが4月に発売されることが
決定しました。
発売されるCDのリストがこれです。

(ユニバーサルミュージック)
・トリオ・トウケアット「キューダス(仮)」
・マリア・ジョアン&マリオ・ラジーニャ「アンダーカヴァー
 ズ」
                   	以上4月23日発売

(ソニー・ミュージックジャパン)
E.S.T.(エスビヨン・スヴェンソン・トリオ)
・「フロム・ガガーリンズ・ポイント・オブ・ビュー」
・「グッド・モーニング・スージー・ソーホー」
                    以上4月23日発売

(ビデオアーツ・ミュージック)
・ジャン=ミッシェル・ピルク「タイトル未定」4月23日発売

(カルチュア・パブリッシャーズ)
・アントニオ・ファラオ 「ファー・アウト」4月23日発売

(ガッツ・プロダクション)
・ナタリー・ロリエ・トリオ「サイレント・スプリング」
                    4月下旬発売予定

(イーストワークス・エンターテインメント)
石井彰「Synchronicity」        4月21日発売

これだけ一気に発売されるのは、壮観ですね。
そこで、各レコード会社の担当者の方たちから、
来日アーティストのニュースを聞かせていただくことにしまし
た。
各アーティストの最新情報は、来週からお伝えしますので、
御期待下さい。


みなさまからのご質問や、ご意見、ご感想など、お待ちしてお
りますので、どんどんお寄せ下さい。
宛先はここです。
magazine@koinumamusic.com
では、次号もまたお会いしましょう。
The Synergy Live2003のご案内はタクオでした。

<ビル・フリゼール>

何度もこのメール通信で触れていながら、
なかなかお伝えできなかったこの情報をやっとお伝えできるこ
とになりました。
いまかいまかと待たれていた待望のビルの新作であり、
ジ・インターコンチネンタルズの第一弾でもあるアルバムの日
本発売が決定しました!
タイトルはその名もズバリ、「ジ・インターコンチネンタルズ
」。
発売日は4月9日(水)、ワーナーミュージック・ジャパンよ
り発売されます。
今回は情報が少なく恐縮ですが、
今後もビルの情報を皆さんにいち早くお伝えして行きたいと思
います。

次号の配信は2003年1月20日を予定しています。